便利なネット印刷の仕組みについて解説します

「ネット印刷」というワードをよく耳にするようになりました。これは大きく分けて2つの意味で使われています。1つは大手コンビニのコピー機をあたかも自分のプリンターのようにして使用する方法です。このサービスに申し込み、データを入稿すると申し込み番号が発行されます。コンビニのコピー機にこの番号を入力するだけで、入稿したデーターをプリントアウトすることが出来るシステムです。自宅にプリンターが無い場合や性能が十分でない場合、インク切れで出力出来ない場合などに有効です。もう1つの方法は、ネットプリント専用業者に依頼して入稿データをプリントアウトしてもらい、完成品を宅配で受け取る方法です。このサービスは現在非常に注目されています。新規参入会社も出てきており価格競争、品質競争に拍車がかかっています。

ネット印刷の仕組みを理解しよう

デザインや文書などのデータを自分で作成し、これを専門業者のサイト経由で入稿することにより、業者にプリントアウトを依頼するシステムです。データのやり取りを通信経由に限ったことで、素早い対応と価格の安さを実現しています。データを入稿する場合で気になるのがデータのミスです。一旦入稿してしまうと自由に変更を加えることが出来ず、ミスしたままの印刷物が完成し料金を取られてしまうのは困ります。このため、多くの専門業者では、プリントアウトの前に完成品の確認作業を行います。データチェックは、いつ終わるか把握出来ないと、ずっと連絡を待って待機していなくてはなりません。これを避けるために多くの業者では優先データチェックシステムを採用しています。予め決められた時間内にデータのチェックと結果連絡を約束することで、依頼者のスケジュール管理を用意にするメリットがあります。

知っておきたい入稿データとプリントの関係

入稿したデータの仕上がり予想を見た時に思っていたのとは違う、と感じることがあります。デザイン時の色と違う、という問題や、指定したフォントではないものが使われている、フォーマットが崩れている、などのトラブルは大変多く見られます。これはパソコンなどで作ったデータと、印刷物特有の発色方法やフォント事情を熟知していないことによって起こります。パソコン上で使っている色は光の3原則に基づいていますが、プリント品ではCYMKという4色のインクで表現されます。発色の方法が違うため色合いは違ってみるのです。フォントはそもそもプリンターが対応していないと出力することはできません。機種依存文字などを使っている場合には注意が必要です。こういった問題でズレが発生しフォーマットが崩れてしまう場合もあります。データを作成するときにはプリントアウトに関する知識を押さえておけば失敗を回避することが出来るでしょう。