格安とスピードが魅力のネット印刷

オンデマンド印刷の急速な普及と、注文から決済、原稿データの受け渡しまでが、ネット上で簡単に出来るようになってきました。名刺やパンフレット、冊子といった印刷物の依頼が、以前よりも気軽に依頼できるようになっています。多くの業者がネット店舗を充実させて、価格競争がより激しくなったことから、格安とスピードを売りにするところが急増しています。オンデマンドの場合、安いだけに仕上がりの点で、オフセットよりやや劣る面もあるだけに、質の高さを求める場合は注意が必要です。「版」が必要なオフセットに比べて、その手間とコストがかからないオンデマンドは、安価で、しかも少部数からの注文が可能となっています。双方のメリットとデメリットをしっかり把握して、価格とスピード、仕上がりの質を知った上で利用することが大事です。

業者によって違う仕上がりの特徴も考慮

格安印刷について検索するだけで、たくさんの業者が結果ページに登場します。選びかねる場合、冊子か名刺かなど、利用目的に応じて比較サイト等を閲覧してみると良いでしょう。カラーの発色が良いかどうかや、冊子の場合は製本の出来など、こだわりポイントで探す方法もあります。オフセットの場合は、カラーもモノクロもきれいに出ますが、オンデマンドは性能の良いコピー機でプリントしたものに近い仕上がりとなります。業者によっては、最新のオンデマンド印刷機を導入して、仕上がりの質を他社よりも上げているところもあります。スピードの点では、あまりに仕上がりが早いからといって質が落ちるということはありませんが、同人誌を多く手掛けている業者の場合、イベントが重なる時期には割高となっていることがあります。イベントに無関係であれば、注文時期をずらしたり、早割を利用することでさらなる割引価格で利用することができます。

ネット上で注文できるからこそ確認が重要

今は大抵の業者のネット店舗で、注文から決済はもちろん、原稿データもアップロードして入稿できるようになっており、数日後に仕上がったものが宅配便で手元に届くという便利な仕組みになっています。それだけに、注文ミスがあっては一大事です。注文から入稿段階までは、慣れない場合特に、細心の注意が必要です。注文前、自動見積フォームで注文したいタイプ別に詳細を入力して料金を算出しますが、例えば冊子の場合、表紙のカラーにPP加工を加えるかどうかなど、初心者には疑問だらけの用語が出てきます。今は大抵のサイトに作成方法がわかりやすく解説されていますので、それを読めば大体のところはわかりますが、どうしても疑問な点は、業者に質問することが注文ミスを防ぐポイントとなります。注文時に必要事項をしっかり入力して決済、原稿データもアップロードして、業者からの原稿チェックが済めば、あとは仕上がりを待つばかりです。格安でスピーディーなうえ、今後さらに期待できる質の向上で、より利用者が増えると考えられます。